Top >  東京ドーム座席表です >  東京ドーム座席表です

東京ドーム座席表です

このサイトは現役東京ドームアルバイターが

東京ドームをもっと知りたい!という方のために作っちゃいました!


とりあえず、一番知りたいと思う座席表をお伝えしますね!

まず先に、アリーナ座席表です

東京ドームアリーナ座席表情報はこちらをクリック


次に、スタンド座席表です

コンサートはもちろん野球のときにも役立つ座席表ですよ


東京ドームスタンド座席表情報はこちらをクリック

(画面の中でクリックすると拡大表示されますよ)


東京ドーム座席表

東京ドーム地図


東京ドーム(とうきょうドーム)は、東京都文京区後楽にある
日本初のドーム型野球場です
株式会社東京ドームが運営しています


老朽化した後楽園球場に代わって、1988年に開場しました


プロ野球の読売ジャイアンツの本拠地で、
北海道日本ハムファイターズの準本拠地です


コンサートなども行われる多目的ドーム。
愛称はBIG EGG(ビッグエッグ)であるが、近年はあまり使用されない


屋根は空気膜構造と呼ばれるもので、内部の空気圧を外部よりも
0.3%高くして膨らませている。
圧力差を維持するために出入り口に手動式回転ドアやエアロックが
設置されている。また、隣接する小石川後楽園の日照に配慮するため
屋根の高さが外野方面に向かって低くなっていくように
設計されている


2002年から「フィールドターフ」と呼ばれる新型人工芝を
日本の野球場で初めて採用した。天然芝に近い感触の特殊な繊維と
クッション材を採用し、選手の負担を軽減できる工夫を凝らした


1988年3月18日、読売ジャイアンツ対阪神タイガースのオープン戦が
こけら落としとして行われた
それ以後、"世紀の番狂わせ"と言われた
マイク・タイソン対ジェームス・ダグラスによるボクシング統一
世界ヘビー級タイトルマッチに始まり、格闘技や商品の展示会
コンサート等にも数多く利用されているが


天井が高いため、音の反射が悪く、ワンテンポ遅れて音が響くので
コンサートには不向きな会場である。

東京ドーム座席表


■東京ドーム施設概要

【建物】

高さ:56.19m

階数:地上6階/地下2階

建設費:約350億円

建築面積:46,755平方メートル

容積:1,240,000立方メートル


【野球場】

収容人数:45,600人(消防法による野球開催時の立ち見を含む数字)

公式サイトでは55,000人と表記されている(施設規模)

両翼:100m

中堅:122m

外野フェンスの高さ:4m

内外野とも人工芝


【落成・供用開始日】

落成式 1988年3月17日

公式戦開始日 同年3月18日

一般使用開始日 同年12月24日

東京ドーム座席表

■東京ドーム施設エピソード


21番ゲート右側に野球体育博物館が併設されている
この施設も後楽園球場から受け継がれたものである


東京ドームは夏季オリンピックの公式プログラムに指定されるなどの
国際ルール基準に適合した大きさで設計され、土地面積の都合上左中間
右中間がほぼ直線状となったものの開場当時は甲子園等、両翼100m近い
球場はラッキーゾーンを使用して狭めるなどして一般的な野球場の
両翼は90m強であった事に比べて大きく、その後の球場大型化へ先鞭を付けた


バッターボックス付近のフェンス広告は2004年から電動により
広告パターンを複数出せるようになっている


巨人戦時はJA共済、大正製薬等の企業が、日本ハム戦時は
タマホームの広告を出している(タマホームは巨人戦でも広告を出すことがある)


ただ、最近はタマホームのみの場合が多い
2005年からはモノクロ広告からカラー広告が中心になる

なお、東京ドーム開業時から1996年までは
資生堂(資生堂は以前の後楽園球場時代(1985年)から)、
1997年から2003年まではマツモトキヨシ、JT、アース製薬、杏林製薬、
サントリー、NTTコミュニケーションズなどの企業が


2004、2005年には大塚商会、東京地下鉄、日産自動車、
ジャックスカードなどがフェンス広告を出していた


オールスターゲームが開催された場合、スポンサーである三洋電機の
広告になる
これまで、1988、1991、1993、1996、2000、2002年に開催されたことがある


2005年から内野1・3塁側のファールゾーンに
フィールドシート(エキサイトシート)を開設した


この座席はプロ野球を開催する場合のみ使用され
アマチュア野球では使用しない予定である


この座席を利用する観客へは防御用のヘルメットとグローブが貸し出される
ヘルメットは必ず着用しなければならない


又、エキサイトシート内は売り子が入れないので飲食類は
買い出しが必要。但し、入口際のネット越しに購入は可能である


外野には11枚(レフト6枚、ライト5枚。開設当初は9枚=レフト5枚、ライト4枚)の
巨大看板が設置されている


プロ野球開催時にこの巨大看板に直撃するホームランを打った
選手に対して「東京ドーム・ビッグボードホームラン賞」として
100万円の賞金、またはそれに相当する商品が贈呈される


ただし巨人が出場した際の日本シリーズでは
ポストシーズン・ゲームのため、看板に当てるホームランが出ても
賞金、賞品は出ない


かつてはライト側の柱広告に直撃するホームランを打った選手には
300万円の賞金が贈呈されていたが、契約終了により2006年にこの制度が廃止
広告が撤去された。


後楽園競輪場跡地に建てられており、将来の後楽園競輪復活も
視野に入れているため、グラウンド地下には一周400mの
バンク(競走路)が収納されている


なお、年に一度、「自転車フェスティバル」と題して
模擬競輪など競輪・自転車競技に関するイベントが行われている


2006年、巨人がシーズン当初の好調から一転低迷し
滝鼻卓雄読売巨人軍オ−ナーがその原因の一つに
「2002年に導入した人工芝にある」として東京ドーム側に改善を要望した


それを受けて東京ドーム側は6月に約一週間かけてリフレッシュ工事を行い
巨人側からも歓迎された


その後「来シーズン開幕前までに人工芝の全面張り替えを要望する」
「本当は天然芝がいい。ただ、東京に駅から近い用地があるかどうか
誰かが作ってくれればいいが…」と天然芝球場への希望も口にした


これらの発言は一概に間違いとは言えない
一部に「年間300試合近く使用される神宮のカチカチの人工芝に比べれば
東京ドームは全然マシ」という声もあるが、
上記の最新のフィールドターフに代えてからは
以前の巻き取り式の人工芝では無いために他球場よりも
多く開催されている野球以外のイベントでも人工芝はそのままになっている


そのため、充填材(土部分)が硬くなってしまうという影響がある。
ネット裏の放送席の配置は、3塁側から順に
東京ケーブルネットワーク・ニッポン放送・ラジオ日本・中央部分不明
文化放送・TBSラジオ・北海道放送と中部日本放送と
日経ラジオ社とRKB毎日放送と朝日放送と毎日放送の
6局共用のブースとなっている。

東京ドーム座席表


■東京ドームスコアボードの移り変わり


1988年の完成時、スコアボードは、バックスクリーン側の
三菱電機製の白黒2色の「スコアボード」とフルカラー表示の
「オーロラビジョン」とバックスタンド上部にある
白黒2色のサブボード(スコア表示のみ)だった


1990年にオーロラビジョン部がハイビジョンサイズへ変更

1999年にオーロラビジョン部を全面改修

2001年にサブボードが三菱電機製のフルカラー表示の
全面オーロラビジョンに全面改修


2003年にスコアボード部が改修され、ホームラン時の
映像パフォーマンス(ホームチームのみ)が上半分の表示から
全画面表示になった
そして、各選手の打率(AV)、ホームラン(HR)表示に打点(RBI)が加わった


2004年のシーズン途中から、サブボードの球速表示部分に
打席の選手名、打率(AV)、ホームラン数(HR)が表示されるようになった
球速表示はその下に表示される


2005年にはバックスクリーン側のスコアボードと
オーロラビジョンの全面改修が行われ
フルカラーLED表示の全面オーロラビジョンになった


従来のものと違い、両チームのメンバーを上から下へ縦表示になり
守備位置表示が数字からメジャースタイルになった
(投手=P、捕手=C、一塁手=1B、左翼手=LF、代打=PH、代走=PRなど)


2つの境目がなくなったことでさまざまな映像表現が可能となった
(例えば選手交代時には守備と選手名の部分が上から下にクルクル回転して変わる)

またスペースの都合上チーム名が最上部に表記されず
代りにメンバーの外側にチーム名が球団のペットマークや
イニシャルと共に表示される


10億7000万色の発色が可能となり、日本の野球場では最高レベルの
鮮明な画像が見られる


縦組みのメンバー表示は後楽園時代の1987年以来の復活となった
バックスタンド側のオーロラビジョンの表示方法も
バックスクリーン側と同じになった


2006年から、バリアフリー対策の一環で選手名部分の字体が大きくなる
(それ以外はこれまで通り)


その影響で一列に入るのが9人までとなった為、
DH制の試合時は、チーム名の下に投手名が入っている


野球の試合で使用する場合、スコアの表示は開設当時は9回まで
(10回以後は改めてスコアを消去して1回のところに10回のスコアを入れる)
だった


2003年の改修に際して、延長戦の表示について
プロ野球のように延長が12回までしか行われない場合は
9回と合計スコア(Rと表示)の間に詰めて表示するようになった


都市対抗野球など、延長が13回以降も行われる可能性がある場合は
従来通り9回までのスコアを消去して10回から18回までのスコアを表示する。

東京ドーム座席表


■東京ドームエピソード


東京ドームでコンサートをする場合、音がかなり篭るために
スピーカーの設置などには気を使わなくてはならない


東京ドームで初めてコンサートを行ったのはTHE ALFEEである


東京ドームオープニングイベントで各国代表のマーチングバンドと
共に柿落としコンサートを行った


この時は外野に卵形の巨大なセットを設置
通常観客を入れる内野もステージとして捉えた演出を行ったので
観客はスタンド席のみだった


完成直前の東京ドームをテレビの収録で訪れた長嶋茂雄が
「この天井にボールをぶつける事は無理でしょう」と話したが、

開場した1988年の7月4日に阪急ブレーブスのダラス・ウィリアムズが
当てたのを皮切りに、読売ジャイアンツの原辰徳、松井秀喜
西武のアレックス・カブレラらが、天井やセンター後方に
吊り上げられているスピーカーに当てている


中でも、1990年6月6日の日本ハムファイターズ対近鉄バファローズ戦で
近鉄のラルフ・ブライアント(当時)が
日本ハムの角盈男(当時)から打った打球をセンタースピーカーに
直撃させて記念すべき認定ホームラン第1号を記録した


これをきっかけに東京ドームではスピーカーに当てた認定ホームランを
記録した選手に対してスピーカーの提供メーカーより
賞金300万円を贈呈することにしている


しかしその後にこの認定ホームランを打った選手は現れていない


東京ドームでコンサートをする際、
グランド全面及び全てのスタンド(1階・バルコニー・2階全席)を
開放して使用するのはSMAPとB'z使用時のみである


この2つのコンサートのみ、2階席まで客が埋まる
(他のコンサートではスタンド2階席の全席開放は無し)


東京ドームの球場使用料は他の球場やドームに比べてとても高い
また巨人より日本ハムの方が使用料の額が大きく設定され
実質は日本ハムが東京ドームを借りて試合をしている形になっていた


この高い使用料が日本ハムの札幌移転並びに弱体化の理由の1つとなっていた
巨人主催ゲームについては年間予約席と一般指定席の2種類が用意されている


これはより多くのファンに観戦してもらう為である
対戦カードによって一般席は抽選発売となる場合がある


阪神戦を除きレフト右側の一部を巨人の応援席にしており
ビジターファンと巨人ファンの外野の座席比率は4:6になっている


2005年7月30日の中日ドラゴンズ戦で350号まで後1本と迫っていた
江藤智の放った特大飛球が屋根に当たりグラウンドに落下

中日の英智左翼手に捕球され350号ホームランは幻となった

東京ドームの看板直撃のアーチは甲子園では客席に届かないと言われていたが
検証の結果間違いだということが判明している


ドームの屋根の間には少々の隙間があり、隙間に入れると
エンタイトルツーベースとなる


2002年に松井秀喜が「幻のドーム場外」を記録した
(このボールは野球体育博物館に保存されている)


ドームの広さは約216m四方で、建物、場所などの広さ
大きさを表現する際に日本ではよく東京ドーム何個分という表現が使われる


北海道日本ハムファイターズが北海道に移転する
以前の2003年まで本拠地であり現在は準本拠地として引き続き
年間数試合使用している


北海道移転前に使用していたマスコットキャラクター
ファイティーは、当初移転とともに役目を終える予定だった


が、女性を中心としたファン達の嘆願により
東京ドーム限定のマスコットキャラクターとして2005年まで存続した


また立正大学が試験会場としてグラウンドを使用して
話題になったことがあるが、校舎建て替えに伴うものであり
使用には非常に多くの不便が生じたといわれる


コナミが遊☆戯☆王のイベントでドームを使用したが
開催側の不備から大混乱に陥った


この球場の公式戦ではじめてホームランを打ったのは
元ヤクルトスワローズのダグラス・デシンセイである

前述のこけら落としのオープン戦では吉村禎章〔現・巨人2軍監督〕が打っている。


■東京ドーム最寄駅


水道橋駅 - JR中央・総武緩行線・都営地下鉄三田線 
春日駅 - 都営地下鉄大江戸線 
後楽園駅 - 東京地下鉄丸ノ内線・南北線 
ちなみに、南北線の線路はグラウンドの真下を通っている。


東京ドーム
http://www.tokyo-dome.co.jp/

■東京ドームアクセス

東京メトロ丸の内線後楽園駅徒歩1分/
中央線水道橋駅徒歩3分/都営大江戸線春日駅徒歩3分
首都高速5号池袋線飯田橋出口より/首都高速5号池袋線西神田出口より

■東京ドーム住所

東京都文京区後楽1−3

■東京ドームTEL

03-5800-9999 (ビッグエッグシティわくわくダイヤル)

■東京ドーム駐車場
あり

700台 30分300円(営業時間9:00〜23:00、日祝8:00〜23:00/イベント時は延長あり)

         

東京ドーム座席表です

関連エントリー

東京ドーム座席表です